スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

日記10月22日分 

高橋純平 × → ソフトバンク
小笠原慎之介 × → 中日

 1:上原健太 投手 明治大
  190cm85kg 左投左打 MAX151km
  球団公式寸評「名門明治大学のエースナンバーを背負い、東京六大学リーグで通算14勝を挙げている大型左腕。最速151キロのスピードを誇り、制球・変化球ともにレベルの高い即戦力投手。190センチの長身から放たれるボールには角度があり、打者を圧倒する。大型でありながら身体能力が非常に高く、今後の成長にも期待できる。」

 2:加藤貴之 投手 新日鉄住金かずさマジック
  182cm82kg 左投左打 MAX144km
  球団公式寸評「制球力抜群の社会人左腕。先発リリーフともにこなせる即戦力投手。クロスの角度のあるストレートと、フォークボールを武器に打者の左右を問わず手玉に取る。昨年のドラフトでも上位候補と評価されていたがチーム残留の道を選択。2014年アジア大会日本代表。」

 3:井口和朋 投手 東農大北海道オホーツク
  175cm82kg 右投右打 MAX149km
 球団公式寸評「140キロ台後半のスピードボール魅力。真上から力強いストレートとキレのあるスライダーを制球良く投げ込む。侍ジャパン大学代表に選ばれリリーフとして活躍した。ピンチでも動じない気持ちの強さはプロの世界で生き抜く条件の一つ。セットアッパー候補の即戦力右腕」

 4:平沼翔太 内野手 敦賀気比
  179cm78kg 右投左打
  球団公式寸評「今春の選抜優勝投手。勝負強い投球でチームを優勝に導いた。投手としての才能もさることながら、打者としても非凡な才能の持ち主。ファイターズは野手としての適性を評価した。担当スカウトは能力に加えて「目標を決めてやり抜く精神力の強さ」に惚れ込んだ。」

 5:田中豊樹 投手 日本文理大
  180cm90kg 右投右打 MAX152km
  球団公式寸評「150キロの即戦力豪球右腕。力強い投球フォームから角度、球威あるストレートで打者を圧倒するパワーアーム。がっちりとした体格とマウンド姿は威風堂々という言葉が似合うと担当スカウトは言う。頑健な身体と強いメンタリティーの持ち主。」

 6:横尾俊建 内野手 慶応大学
  177cm90kg 右投右打
  球団公式寸評「強打が持ち味の三塁手。豪快なバットスイングで、今秋は東京六大学記録に並ぶ4試合連続本塁打を放つ。長打力に加えて確実性も兼ね備え、貴重な右のスラッガーとして期待がかかる。侍ジャパン大学代表にも選出。」

 7:吉田侑樹 投手 東海大
  187cm80kg 右投右打 MAX147km
  球団公式寸評「高長身の本格派右腕。しなやかな腕の振りから投げる球質の良いストレートが持ち味。3年次に大学日本代表に選ばれ、昨年の全日本大学選手権ではエースとしてチームを13年ぶりの日本一に導いた。先発候補として伸びシロのある好素材。」

 8:姫野優也 外野手 大阪偕星学園
  184cm85kg 右投右打
  球団公式寸評「恵まれた体格とパワーの持ち主。今夏の甲子園では2回戦の九州国際大付戦で左越え本塁打を放った。小学生の時には水泳でジュニアオリンピックに出場したほどの運動能力を誇る。荒削りだがプロの世界で大きく化ける可能性を秘めている。」

支配下61人から8人指名で支配下69人に

以下ファイターズDEナイトでの電話インタビュー

加藤貴之「北海道は野球で一度だけ行ったことがある。札幌ドームで投げたことがあり、指名されたので日本ハムに入って大歓声の中で投げるイメージをした。去年はチームの勝ちに貢献したくて残留した。今年1年は自分の足りないところが分かった1年だった。昨日はグッスリ眠れた。プロ野球選手となる以前に1人の社会人なので謙虚に前向きにいきたい。PRポイントはまっすぐで空振りをとれるところ。三振ではなく内野ゴロで打ち取るスタイル。ドラフト指名の報告は高校の監督と両親に。小さい頃は千葉ロッテと巨人のファン。指名されたことを喜びに換えて、チームのために頑張る。」
来週火曜(22日)に木田GM補佐・今成スカウトが挨拶に

井口和朋「去年の風張投手指名の時は胴上げの場に居た。網走は野球するのに良い場所で野球に集中できた。寒さは1年目から厳しいと感じたが4年間居て少しずつ慣れていった。冬のトレーニングはドームがあるのでそこで練習していた。指名の瞬間は選ばれた瞬間にホッとした。道新スポーツの1面を飾っていても不安だった。ドラフトが始まって部屋で見ていたけど自分の知っている選手が指名されていってどんどん緊張していった。ファイターズからの指名は4年間北海道に居て見ていたのでファイターズに入れるということで嬉しい。アピールポイントはどの場面で任されても気持ちを前面に出して投げていきたい。ファイターズでは中田翔選手を始めいろんな選手と話をしたい。4年間北海道でお世話になったのでこれからファイターズに入って恩返ししたいと思います。」途中でホークスに育成で指名された樋越選手(網走出身)とも通話。1軍で井口選手と対戦したいということ。
[ 2015/10/22 19:50 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nmmproject.blog61.fc2.com/tb.php/1320-9121436d






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。