ストウィ イベントレポコピペ 

ストウィのイベントレポのコピペです
長いんで、見たい人だけどぞ
○開演まで
16時開場ということで、ちょっと様子見程度に15時頃に現場に到着。
丁度、番号ごとの並びを張り出して、開場整理の準備をしている真っ最中だった。
さて、そんな中「ゲルトあと1枚、ルッキーニあと3枚です!」の声が物販から。
原画、どうもゲルト、ルッキーニ、宮藤、坂本、ミーナと余ってしまっていた模様。
物販の人に「午前中、既に買いましたが、複数になってしまいますがいいのですか?」と尋ねたところ
「大丈夫です。転売はしないでくださいね」「承知しました。家宝にします」というアホなやり取りで、
ミーナとルッキーニも購入しておいた。無趣味社会人故、勘弁してくれ。

開場は20人ずつ順に入れてく方式で、結構それまでの並びはルーズ。
列で並んでる途中で話した若者が、なかなかアニメ系コンサート行きまくりの人で楽しかった。
そーいうのが色々あって、東京はいいね。

700番台だったが、カメラチェックを経て入場。
ステージ左側のバーの端を確保して、もらったチラシを見たら、箱でシューティングゲーム発売に噴いた。
隣の兄ちゃんは即効で部活仲間にメールして、うそつき呼ばわりされてて笑った。
ステージには、当時のサイドカーや無線機器等がセットとしてあるものの、なかなか暗くて見えなかったのが残念だったな。

そして、遂に…暗くなり、アナウンス。
ミーナ「本日は、こんなに沢山の方々の作戦参加に感謝します。作戦開始は一七○○時を予定!」
続いておねえちゃん。
ゲルト「作戦開始の前に確認だ。交戦規定に基づき、まずは身軽になることだ。
    そして通信機器のスイッチは切っておくこと。また、情報漏えいに備えて、録音・録画は
    本日は我がカールスラント撮影班にのみ許可されている!」

続いて各員の発信許可信号
エーリカ、シャーリー、ルッキーニ、エイラ、サーニャ、リーネ、ミーナ、竹井、そして芳佳
サーニャと一緒に行こうとするエイラが、「ダメよ、今日は各自のタイミングで発進だから」と窘められたのも
いつもどおり。

そして…開演!

○ライブコーナー
01 STRIKE WITHCES~わたしにできること~(石田耀子)
  始まりはやっぱりこの曲ということで、いきなり会場がトップギアにw
  しかし石田さん、うまい具合に場内も煽って、本当に盛り上げてくれるなといつもながら感心する
  そしてお前らは一体どこにサイリウムを用意しているのか、いつもながら不気味だ

02 START(宮藤芳佳)
  続いてそのままの流れで、あの手拍子のイントロと共に、福圓さんが登場
  やっぱりこの曲は、間奏とクラップのところで手を叩いて、一緒に「Let's Go!」と叫べるのがいいね
  福圓さん、いつだったか「歌を人前で歌のは嫌だと思ってた」と言ってたとは思えない堂々とした歌いっぷりでした

03 Friend-Ship(リネット・ビショップ)
  またまたそのまま、真っ黄色のワンピースをきた名塚さん登場
  開場全員が、間奏のあの台詞を聞いてニヤニヤしていたことを、俺は確信している
  しかしスピード感が適度にあっていい曲だよねこれ

~ MC(宮藤芳佳 & リネット・ビショップ)
  まあいつもの挨拶だったね。

04 twinkle star(サーニャ・V・リトヴャク)
  転じて、静かな、そしてうっとりするような門脇さん登場
  しかしお前らはどんな曲調でもサイリウム振れるのな。軽く感心した
  ちなみにサーニャにはこのサイリウムの群れが「ネウロイに見えた」とのことw
  俺らは撃墜対象かwいや、既に撃墜されてますよ

05 GOOD MORNING!!(エイラ・イルマタル・ユーティライネン)
  続いて、強いビート音の前奏と共に颯爽と仲井さん登場
  だが、しかし、おい、一拍早く歌ってるぞ…と会場も軽く妙な雰囲気に
  結局サビ前のメロディで無理やり修正してましたとさw歌声は安定してるね
  「オーオー」のところとか「イェイイェイ」のところ、絶好の合いの手ポイントでした

06 2 hundred over(エーリカ・ハルトマン)
  続いて大天使様ご降臨。いや、もうね…この曲のノリはヤバイ
  ♪ 瞬・間 風速は レジェンドだ  (会場の野太い声)「「「「オッケー!!!!」」」」
    相・棒 風を読め 空気読め   (同上)「「「「レッツゴー!!!!」」」」
  終始このノリは笑ったw

~ MC(シャーロット・E・イェーガー & フランチェスカ・ルッキーニ …)
  野川さんがはけたあと、段上に小清水さんと千和さんが上がって、MCというか、ショートコーナー
  シャーリーのバイクがエンストしちゃって、リーネに通信しているっていうコーナーかな。
  リーネ「すいません、一応規則なんで、コードネームを仰っていただけませんか?」
  シャーリー「おお、いいとも。グラマラス・シャーリーだ」ここで笑うお前らは流石というか、容赦ねーなw
  ここに竹井さんも通信に割ってはいる。
  竹井「しかし言語を解するネウロイもいるかもしれん。もう少し問い詰めてみよう。扶桑の通貨単位は?」
  シャーリー「ん…ウォン?」ルッキ「カン?」シャ「チー?」ルッキ「リーチだ!」シャ「ああ、円だ!」
  竹井「ブッブーです。両です」というのはフェイクでからかってただけ。
 
  ここでリーネちゃんより隊長が凄く怒ってたとの通信もあり、シャーリーとルッキーニは速攻で基地に帰ることに。
  ルッキーニが隊長のストライカーを無断整備した、とのことw

07 Film~続編のヒロイン~(ゲルトルート・バルクホルン)
  そしてお姉ちゃん登場。いや、もうねぇ…普通にうまくてびっくりした。
  おねえちゃん流石だよおねえちゃん。隣の兄ちゃん「うめえ…」と絶句。

08 リリーマルレーン(ミーナ・ディートリンデ・ヴィルケ)
  「時」が来るかと思いきや、ここでまさかのリリーマルレーン。
  しかし田中さん、その服装…上は黒いノースリーブのドレス調なんだが、短パンでしかも膝上ブーツってw
  その姿でしっとりと歌うリリーマルレーン…なんかすごいごった煮感がw
  どうでもいいがお前ら、いくらなんでもこういう曲のときはサイリウム振らなくていいと思うぞ俺は

~ MC(カールスラント3人組)
  簡単にご挨拶。
  「ミーナは初めてみんなの前で歌うんだ。せっかくだから3人で一緒に歌おう!」というところで、
  開場大盛り上がりw

09 勝利せよ!ウィッチーズ(ミーナ・ディートリンデ・ヴィルケ & ゲルトルート・バルクホルン & エーリカ・ハルトマン)
10 ダンケシェン・ウィッチーズ(ミーナ・ディートリンデ・ヴィルケ & ゲルトルート・バルクホルン & エーリカ・ハルトマン)
  てっきり曲調からして最後近くに持ってくると思ったダンケシェンが、ここで披露される
  いい曲だよなぁ…最終回エンディングで、3人一緒にいるシーンを思い出したんだぜ…
  田中さん、園崎さん、野川さんと全員が飛んだり跳ねたり、流石でした

~ MC(カールスラント3人組)
  再び3人のMC「せっかくだから、あの歌を3人で…」って言ってる傍から、ハァハァという謎の息切れがw
  田中さんと園崎さんの息切れがすげえwまああれだけ盛り上げたら当然だよなw

11 ブックマーク ア・ヘッド(ミーナ・ディートリンデ・ヴィルケ & ゲルトルート・バルクホルン & エーリカ・ハルトマン)
  3人とも大丈夫なのかwと思ったが流石だねぇ。しかしこの曲はやっぱり盛り上がりの定番だよな

12 黒い瞳(サーニャ・V・リトヴャク & エイラ・イルマタル・ユーティライネン)
  また一気に転じて、しっとりと2人による歌に。
  だからお前ら、こうやってテンポが頻繁に変わる歌でサイリウムは無謀だとあれほど(ry

~ MC(サーニャ・V・リトヴャク & エイラ・イルマタル・ユーティライネン)
  エイラ「今日は私の占いのためだけに、こんなに集まってくれて…」
  サーニャ「違うでしょエイラ。ところで、エイラ…機密漏えいがあったって聞いたけど…」
  エイラ「いや…あれはその…すいません」会場爆笑w
  2人「ストライクウィッチーズ何でも情報コーナー」ということで、オールキャスト終結

○ トークコーナー
~ カールスラント制服登場
 股間はストパンTシャツに帽子。鈴木さんは例によって軍服。どこのかよく分からん。知ってる紳士補足してくれ
 竹井さんも登場し、改めてご挨拶、そして会場が割れんばかりの拍手に。
 ところでカールスラント3人組は、お色直しをして、今後コスパで発売予定のカールスラント制服にて登場
 材質が当時の士官の服と一緒っておまえw懲りすぎだw
 ミーナ「これ着ると、隊員だなって気持ちを再認識しますね」
 ゲルト「お父さんの背広借りちゃったみたいですねw」
 エーリカ「うーん、トゥルーデのお芋料理が食べたくなるね」
 ここで司会(いつもの角川の人)より「まあ、みなさん下は流石に諸般の事情により違いますけどね」
 すかさずゲルト「パンツじゃないから恥ずかしくないぞ!」会場沸騰w

~ 各員への一問一答コーナー
 福圓さん
  Q「ストライクウィッチーズ終わって1年。改めて感想はありますか?」
  A「昨日のことみたいです。周りからも「あのパンツのやつ」と言われ続けてw
   友人も家にくると「美里のあのパンツのやつ、見よう!」って言ってきますw」
 名塚さん
  Q「リーネの印象とか、演じる上での留意点は?」
  A「黒くならないように…まあ、最後はキャストのみんなが「さて、今回の黒リーネはどこかな?」
   とか言うようになっちゃいましたが…」
  ここで司会「リーネちゃんは、黒くないですからね」。「は」ってなんだよw
 千和
  Q「自分以外で気に入ってるキャラは?」
  A「シャーリー」即答でしたw
   ところがシャーリーはゲルト、ゲルトはルッキーニをそれぞれお気に入りであることが発覚
   2期ではドロドロする…?
 亜美さん
  Q「実際の自分は誰に似てる?」
  A「部屋の汚さなら、エーリカかな?でも、まあ、総じて言えばシャーリーでしょうか。
   ただ、親には「あんたは絶対に車とかバイクとか乗るな」といわれてますw」
 門脇さん
  Q「キャラソンについての感想は?歌う上での留意点は?」
  A「盛り上がりたい気持ちを押さえ込むことです!」会場爆笑w
 仲井さん
  Q「キャストは女子ばかりですが、気を使うことは?」いや、仲井さんも女性ですがw
  A「お姉さんがいっぱいで、はずかしかった…とにかく、アフレコでも服装に気を使いました
   まあ最終的にはドキドキウハウハでしたねw」
 浅野さん
  Q「キャラクターの感想や、アフレコのエピソードは?」
  A「怒ったりしない、器の大きい人だなと。ゲームは出ますが…2期は…」
  股間「出ますよ」即答でしたw
 股間 & 鈴木
  Q「キャラの中で付き合うのなら?」
  股間「リーネです」まあ即答ですわなw
    「メールで「リーネはもらったw」とかいうメッセージが誰かから来たので、
     「俺の嫁だ」と返信してやりました」やっぱすげえよ…あんた…
  鈴木「まあ、みんな娘ですからね」こちらは転じて大人でしたw

~ キャストからの要望
 ゲルト「トゥルーデとクリス、宮藤との絡みはあるのか!?」
 股間・鈴木「クリスちゃんは平和の象徴ですから、今のところ出てこないです」おねえちゃん涙目

 ミーナ「それじゃ、ミーナと美緒の素敵な時間はあるのかしら?」
 股間・鈴木「2人で深刻なトークはあります。ラブラブは…やっぱそーいうのはみんなの脳内で
     やるのが楽しいのであって、公式がやっちゃいかんのですよ」まさかの大人発言に会場拍手
      「あ、でも風呂は入りますよ」おいw

 ルッキ「そろそろ全台詞アドリブになりますか?」
 股間・鈴木「おふたりのいい話はつくりますよ…だからラブラブは(ry」

 サーニャ「もうちょっと起きていさせてください」エイラ「またへたれるんでしょうか、私」
 股間・鈴木「2人の会話はやっぱり多くありますよ。だからラブラ(ry」

 芳佳「今後も相手の懐に入っていって、好きになってもらえる立ち位置でしょうか」
 股間・鈴木「いや、主人公だからね。ただ、胸を揉むのはエロじゃなくて、自分にはない何かを求めて…」
 股間「おっぱいはやらしいものじゃないんだ!」会場爆笑w
 ちなみに福圓さん、パラレル展開(ウィッチーズ学園とか)やりたいって。鈴木は「努力します」とのこと

~ 2期について
 シナリオは半分、それくらいしか進んでないとのこと。股間はかなり疲れてるっぽかった
 「現場はしっちゃかめっちゃかです。でも、みなさんのこういう盛り上がりを見ると、やらねばと思います」
 とのこと。折角の機会で2期の一部上映とかできればよかったのに、ってずっと仰ってました
 股間、身体は大事にしろよ股間

 そして唐突に、エイラのタロットコーナー
 めくられたタロットは「星の正位置」。直感のままに進めってさ
 そして例のごとく、サーニャとの今後の相性は、カードをめくれず、エイラさんマジへたれ

 つづいてサーニャより公式ラジオ展開発表。「サーニャの夜間哨戒、みんな聞きたいですよね?」会場熱狂w
 音楽関係では新OPとサントラが出るそうです。

○ 再び歌
13 private wing(石田耀子) 
  本邦初、フルコーラスでした。いい曲だわマジで。ノリが段違いですね。
  早くCD欲しいねこれ

○ 終幕
 股間鈴木によるご挨拶
 股間「いや、オチないよ。あとはズボン下げるくらいしかw」
 やっぱり、会場の盛り上がりが、制作への意欲にはなってもらえたようです。

 ここで一旦全員舞台からはけて、暗転、そしてあの2人の声
 エイラ「折角また扶桑に来れたんだ…みんな、サーニャの歌声を聴きたいに違いない!」
 サーニャ「そうかな…私も盛り上がりたい…でも…」
 エイラ「大丈夫、サーニャの一番のファンの私が言うんだから!行こう!」

14 Sweet Duet(サーニャ・V・リトヴャク & エイラ・イルマタル・ユーティライネン)
 もうね、かわええとかね、そういうレベルを人類は超越したね、マジで
 振りは4月イベントと一緒でした。そしてお約束のごとく、エイラに抱きつくサーニャ
 俺の表情は人生でもっともだらしないニヤニヤだったに違いない

アンコール
 ブックマーク ア・ヘッド
(宮藤芳佳 & リネット・ビショップ& 石田耀子 & サーニャ・V・リトヴャク & エイラ・イルマタル・ユーティライネン)
 お約束ということで。やっぱりブクマはいいね

○ ラスト
 そして段上にオールキャスト集合、というところで。
 「ちょっとちょっと! みなさん私がいないのにこんなに盛り上がるなんて、どういうことですの!」
 とのお言葉と共に沢城さん登場w会場再び熱狂
 時間的に完全にアウトだけど駆けつけたとのこと。会場が一気に沢城コールにw

 ラスト、各自から一言
 芳佳「どんどん箱がでかくなっててびっくりしてる。次回があれば、またみんなで盛り上がりましょう」
 リーネ「いつも楽しいキャストとやってる雰囲気を、少しでも伝えられたらなって思います」
 ミーナ「次は美緒が来て、全員集合でやりたいですね」
 ゲルト「箱が大きくてホント緊張して、感激でした」
 エーリカ「またみんなと一緒に会いましょう!」
 ルッキ「曲歌わなくてごめん。もっと盛り上がりのいい曲だったら、歌う気持ちになるのになーw」
 シャーリー「賑やかせたかな? 次は歌いましょう」
 サーニャ「最後にちゃんと盛り上がれてよかった」
 エイラ「沢山の人とできて、感激でした」
 竹井「こんなに沢山の人に愛されてる作品だと実感しました」

以上、一九四○時終了


最後に歌部分のみセットリスト
出演者、スタッフ、紳士淑女諸氏、おつかれさまでした

01 STRIKE WITHCES~わたしにできること~(石田耀子)
02 START(宮藤芳佳)
03 Friend-Ship(リネット・ビショップ)
04 twinkle star(サーニャ・V・リトヴャク)
05 GOOD MORNING!!(エイラ・イルマタル・ユーティライネン)
06 2 hundred over(エーリカ・ハルトマン)
07 Film~続編のヒロイン~(ゲルトルート・バルクホルン)
08 リリーマルレーン(ミーナ・ディートリンデ・ヴィルケ)
09 勝利せよ!ウィッチーズ(ミーナ・ディートリンデ・ヴィルケ & ゲルトルート・バルクホルン & エーリカ・ハルトマン)
10 ダンケシェン・ウィッチーズ(ミーナ・ディートリンデ・ヴィルケ & ゲルトルート・バルクホルン & エーリカ・ハルトマン)
11 ブックマーク ア・ヘッド(ミーナ・ディートリンデ・ヴィルケ & ゲルトルート・バルクホルン & エーリカ・ハルトマン)
12 黒い瞳(サーニャ・V・リトヴャク & エイラ・イルマタル・ユーティライネン)
13 private wing(石田耀子) 
14 Sweet Duet(サーニャ・V・リトヴャク & エイラ・イルマタル・ユーティライネン)

アンコール
 ブックマーク ア・ヘッド
(宮藤芳佳 & リネット・ビショップ& 石田耀子 & サーニャ・V・リトヴャク & エイラ・イルマタル・ユーティライネン)
[ 2009/09/06 22:27 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nmmproject.blog61.fc2.com/tb.php/592-1644e695